読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marrie's herbal life

ハーブ、アロマで美と健康を追求するブログ

ジャーマンカモミール

ハーブ・各論(プロフィール)

こんにちは。JAMHA認定ハーバルセラピストのmarrieです。

今日は、世界中で愛されているハーブ、ジャーマンカモミールをご紹介します。

 

f:id:herballife:20170126053411j:plain

ハーブ・プロフィール(ジャーマンカモミール

学名 Matricaria chamomilla
   Matricaria recutita

科名 キク科(キク科アレルギーの方は注意)

和名 カミツレ

使用部位 花部

主要成分 精油(α-ビザボロール、カマズレン)、フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)

作用 消炎、鎮静、鎮痙*1、駆風*2

適応 胃炎、胃潰瘍、月経痛、皮膚炎、不眠、冷え性

 

ピーターラビットも飲んでいた!?

6月~7月頃に開花する、小さな可愛らしいお花です。

有名なピーターラビットの絵本の中で、お腹を壊したピーターに、お母さんうさぎがカモミールティーを与えるシーンがあります。昔から世界中で親しまれているハーブなんですね。

f:id:herballife:20170128115034j:plain


学名のMatricariaは、ラテン語のMater(母)、Matrix(子宮)に由来します。イギリス、ドイツなどでマザーズハーブティーと呼ばれる所以です。

見た目も効能もよく似ているローマンカモミール(学名:Anthemis nobilis)とは別の植物ですので、注意です。ローマンカモミールは、主にアロマテラピー精油など外用で使われていますね。なぜなら、お味が…イマイチなのです。((ノ_<)アチャー)

活用法・内用

内用なら、もちろんティーや内用チンキとして。「甘いリンゴ畑のような香り」と形容されるように、誰からも愛される香り高いティーは、精油α-ビザボロールによるリラックス効果が高く、またカマズレンによる消炎作用に優れているので、ストレスが原因の胃炎や胃潰瘍、不眠などに用いられます。
胃のトラブルに用いる場合は、荒れた胃の粘膜に直接作用させるため、食間やお休み前など空腹時にいただきましょう。
身体を温めてくれるのと、フラボノイドのアピゲニンによる鎮痙作用で、冷え性、月経痛にも効果的です。

味の面でも成分面でも、牛乳ととても相性が良いので、ミルクティーにするのもオススメ。牛乳に入っている成分トリプトファンが、アピゲニンの作用を助けてくれます。お休み前の一杯に最適です。

活用法・外用

カモミールと言えばティーのイメージが強いですが、実は外用でも大活躍。ローション(化粧水)、ハーバルバス、蒸気吸入、外用チンキ、軟膏などで用いられ、肌荒れ、湿疹などの皮膚のトラブルに有効です。よく市販の化粧水にも入っていますが、やはり消炎効果に期待してのことでしょう。また、血行促進→肩こり解消目的で、温湿布でも用います。

 

f:id:herballife:20170128115033j:plain

 

飲んでよし、塗ってよしの万能ハーブ、ジャーマンカモミール。お花も可愛らしくて、私も大好きなハーブのひとつです。
近頃は、レストランなどでもよく見かけるカモミールティー。美味しさを楽しむだけでなく、ぜひ上記のような作用を期待しながら、いただいてくださいね。


以上、ジャーマンカモミールのご紹介でした。

*1:筋肉の緊張を和らげる作用

*2:胃腸にたまったガスを排出して、腹部の張りや痛みを和らげる作用