うさぎ薬草 another garden

~ ハーバリストが語るココだけの話 ~

うさぎのティーバッグで飲むルイボスに出逢ったよ!

ハーバリスト 高橋克弥(かつみ)です。

めちゃくちゃかわいいティーバッグに出逢ったので、とにかく見て欲しい~。

 

こちらです☆

f:id:herballife:20211005100930j:plain

 

『Gongdreen ゴンドリーン ルイボスティー(ウサギ)』。韓国のメーカーさんです。
ネコちゃんバージョンもあります。

 

f:id:herballife:20211005100948j:plain

 

 

f:id:herballife:20211005101013j:plain



f:id:herballife:20211005101040j:plain

 

全方位かわいいって、すごくないですか?

 

f:id:herballife:20211005101116j:plain

 

中を開けると…

 

f:id:herballife:20211005092836j:plain

 

きゃわいい―――――――――――♡♡♡

いつかきっと、こんな商品を作るぞ!

 

f:id:herballife:20211005101245j:plain

 

在宅勤務の一番の利点は、ティータイムがうんとグラマラスになること。

おいしいティーに癒しのキャンドル、集中力UPの精油で、会社にいる時よりずっと仕事がはかどる。急にかかってくるくだらない電話(おっと、失礼)などの余計な中断もないし。

 

f:id:herballife:20211005101321j:plain

 

中身は、シンプルなルイボスです。おいしい。独特のクセが少なく、ルイボスが苦手な方にも飲めそう。

 

f:id:herballife:20211005101446j:plain

 

かわいいタグは、ひもが簡単にはずせるようになっていて、ブックマークとして使えるよ!

 

f:id:herballife:20211005101628j:plain

 

今読んでいるのは、こちら。フランスに暮らす日本人ふたり組「トリコロル・パリ」さんの『フランスの小さくて温かな暮らし365日』。4/1から3/31までのフランスの素敵な365日を、かわいい写真とともに1日1ページずつで紹介してくれています。

普段はドイツ、ドイツと言っている私ですが、もちろんフランスも好き! ドイツと同じく植物療法が根づいた国だし、なんといってもフランス語は美しい。

この本を眺めていると「うわーー今すぐパリに飛んでいきたいな!」と思うけど、同じような生活は、ここ日本でも十分に可能。季節を感じる食べ物や、ご近所散歩で素敵なお店発見、家族や友人とのやりとり。何気ない日常を、ただ愛するだけ。

 

f:id:herballife:20211005101707j:plain

 

最近の仕事や読書のお供。

友人の明子さんが作ってくれたボタニカルキャンドルは、とてもキレイに溶けて、うまい具合に灯籠のようになってきた。
ロウの壁ごしに、中でゆらゆらとやわらかく火がゆらぐ様子が楽しめて、とても幻想的で癒される。

 

キャンドルを「育てる」。
火を灯すと、だんだんとロウが溶けて形が歪んできますが、同じ溶け方をするキャンドルはひとつもありません。まさに一期一会。
そして、灯しながら自分好みの形になるようにお世話をすることを、「キャンドルを育てる」といいます。これぞ、キャンドルの醍醐味。

 

f:id:herballife:20211005101731j:plain

 

もうひとつの方も、大事に大事に育てよう♡