うさぎ薬草 another garden

~ ハーバリストが語るココだけの話 ~

女性の美を約束してくれる自家製ローズシロップでボタニカルソーダを作った休日

今週のお題「おうち時間2021」

 

ハーバリスト 高橋克弥(かつみ)です。
なにかと心がざわつくこのGW、みなさまいかがお過ごしですか?

私は特に派手なイベントはなく、王子を連れてお友達のお家に遊びに行ったり、カフェで本を読んだり、お散歩したりしています。
「のんびり過ごす」がこのGWの目標です。

 

お散歩していたら、あちこちでバラが咲いていました。

 

f:id:herballife:20210502150511j:plain

 

f:id:herballife:20210502152833j:plain


もうバラの季節なのね~ということで、ローズシロップを作りましたよ♪
シロップはコーディアルとも呼ばれ、エルダーフラワーが有名ですが、様々なハーブやお花で作ることができます。
今日はローズとローズヒップで、女性を美しくするシロップです♡

 

f:id:herballife:20210502151609j:plain

ローズシロップのレシピ

 《材料》

 ドライローズ 15g
 ローズヒップ 15g
 水              450cc
 砂糖               450g
 レモン汁        40cc

 

《作り方》

①お鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、シロップを作る。砂糖が溶ければOK。

②ローズとローズヒップを入れて、すぐに火をとめる。

 

f:id:herballife:20210502152009j:plain

 

③レモン汁を加えてよく混ぜる。レモンを加えることで発色が良くなる。

④味を整える。今回はローズヒップが入っているので、ほんのりと甘酸っぱい感じです。甘さが足りない場合は、ここで砂糖を加える。

⑤熱湯消毒した瓶にうつす。冷蔵庫で1か月ほど保存可能。

 

f:id:herballife:20210502152038j:plain


ローズはもちろん生花を使っていただいてもOK。その場合は無農薬のものを使ってくださいね。

砂糖はきび砂糖などお好きなもので良いですが、発色を良くしたいのなら、グラニュー糖がオススメです。

今日はローズレッドを使いましたが、ローズピンクで作るともう少し薄いピンクになりますよ。

ローズの花びらもローズヒップも、そのまま召し上がれます。

 

ローズシロップでボタニカルソーダ作り

そして、このローズシロップで、ボタニカルソーダを作りましょう。

炭酸水で割るだけ! 4:1が目安ですが、お好みの濃さで。

 

f:id:herballife:20210502150721j:plain

 

ローズがふわりと香る、見た目も美しいソーダができました♡

ローズは、かのクレオパトラが愛した花。 お肌をひきしめる収れん作用と、気持ちを穏やかにしてくれる鎮静作用をもっています。優雅な香りが、女性を優しく穏やかにしてくれるのです。

ローズヒップは、別名「ビタミンCの爆弾」。レモンの20~40倍のビタミンCを含有します。その他ビタミンEやフラボノイド、リコピン、β-カロテンなどを含みとても栄養価が高く、また緩下作用があるので、お通じも良くしてくれます。

ローズとローズヒップは、女性の美を約束してくれるハーブなのです。

 

f:id:herballife:20210502152914j:plain

 

お出かけできないので、オンラインで講座を受けたり、おいしいものをお取り寄せしたり、お家の中で楽しんでいます。もともとインドア派だから、コロナ禍だからといってたいして変わらないけど、やっぱりなんとなく息苦しくて、生き苦しい。

 

f:id:herballife:20210502161154j:plain

 

生き苦しい毎日だって、ハーブと触れ合うことはできるし、美しいものは写真におさめて、精一杯楽しく暮らす。今しかないものを見逃さないよう、日々を大事に大事に生きよう。